Skip to content

スタートレック(TVドラマ)から学ぶ米国型リーダーシップ

2012年10月25日

フォーブスのリーダーシップに関するコラムです。スタートレックとは、米国のSFテレビドラマシリーズのひとつです。

 今回登場するカーク船長が登場するのはテレビドラマシリーズの第一作であり、舞台となるのはエンターブライズ号と名前のついた軍艦です。5年間宇宙の果てを探検しながら異星人との交流、艦内の事件、人間関係等がドラマとして展開していきます。

 私は小さい頃に日本で放送されていたものを見ていました。また大人になってからも米国に滞在した時に新しいシリーズと一緒に再放送される第一作をみていました。

 その時に感じたことは、米国型の理想的なリーダーシップ(軍隊型ですが)の典型がここにある点です。またストーリーも毎回斬新(ざんしん)であり、大人が観ても楽しめる内容でした。

 SFながら科学的な背景がしっかりしていると考えていたところ、番組の脚本をつくるのに専門の科学者が関わっていることがわかり納得したことをおぼえています。

 今回は、リーダーシップについて取り扱ったコラムから5つのポイントを紹介します。

リーダーの条件は:

1.学び続けること(Never Stop Learning)
 ――知識(Knowledge)は、さまざまな困難を乗り越える最高の武器

2.世界観が異なるアドバイザーを持つこと(Have Advisors With Different Worldviews)
 ――組織には、カーク船長のアドバイザーだった、ドクター・マッコイ、スポックのような存在が必要

3.チームの一部となること(Be Part Of The Away Team)
 ――チームの信頼を勝ち取るにはチームの一員としてリスクを共有する

4.チェスでなく、ポーカーをすること(Play Poker, Not Chess)
 ――リーダーシップをとって乗り越える課題は、心理戦となることが多い

5.エンターブライズを破壊する(Blow up the Enterprise)
 ――エンタープライズ(戦艦の名前)を企業と重ねて、組織を壊す勇気も必要となる

 日本でいえば、アニメのワンピース、ナルトから学ぶリーダーシップ、と重なるでしょうか。

 そもそも、われわれになぜリーダーシップが必要なのかを問いかける必要があると感じる時もあります。
 

From → 経済

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。